Microsoft Clarityを導入する手順

         Clarityのダッシュボード画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Webサイトを最適化する際、ヒートマップツールはとても役に立ちます。ここでは無料のヒートマップツール、Microsoft Clarityを導入する手順をご紹介致します。

尚、Microsoft Clarityを導入する為に、Googleタグマネージャーの利用を推奨しています。

Googleタグマネージャーを未導入の場合は、Googleタグマネージャー設置の2ステップで導入方法をご紹介していますので、是非参考にして下さい。

Microsoft Clarity導入の4ステップ

Microsoft Clarityを導入するには次の4つのステップが必要です。

  1. サインアップする
  2. 新しいプロジェクトを作成する
  3. セットアップする
  4. 計測開始

1.サインアップする

https://clarity.microsoft.com/ へアクセスし、[Sign up-it’s free!]をクリックします。

Clarityのトップページ画像
Clarityのトップ画面

Microsoft、Facebook、Googleの各種アカウントを利用できますので、お好みで選択します。

今回はGoogleのアカウントを選択し、Gmailのアドレス、パスワードを入力しました。これでサインアップは完了です。

Clarityへのサインアップ画像
Googleを選択

2.新しいプロジェクトを作成する

サインアップが完了すると、新しいプロジェクトの作成画面が表示されます。

[Name]にはプロジェクト名(特に考えが無ければサイト名がお勧めです)、[Website URL]には計測したいWebサイトのURL、[Site category]には今回計測するサイトの最も近しいものを選びましょう。

全て入力したら[Add new project]をクリックして完了です。

Clarityの新規プロジェクト作成画像
新しいプロジェクトを作成

3.セットアップする

ここではWebサイトの計測を始める為の設定を行います。

Microsoft ClarityではGoogleタグマネージャーの利用をお勧めしていますので、計測したいWebサイトにGoogleタグマネージャーを設置済であれば、[Google Tag Manager]を選択しましょう。

Googleタグマネージャーを未導入の場合は、Googleタグマネージャー設置の2ステップで導入方法をご紹介していますので、是非参考にして下さい。

Clarityのセットアップ画像
Setupの画面

[Google Tag Manager]を選択すると、Googleタグマネージャーとの接続を求める画面が表示されます。[Connect now]をクリックしましょう。

ClarityとGTMの接続画像
Google Tag Managerと接続する画面

接続するGoogleタグマネージャーのアカウントとコンテナを選択し、[Create and published]をクリックします。

Clarityと接続するGTMアカウントの選択画像
アカウントを選択する画面

これでGoogleタグマネージャーとの接続が完了致しました。

ClarityとGTMの接続が完了した画像

4.計測開始

計測が開始されると、次の様な画面が表示される様になります。

Clarityのダッシュボード画像

データが表示されない場合

セットアップが完了してスグの段階では、データが現れず、次のような画面が表示される場合があります。

この場合、1,2時間程度の時間を空けてから再度閲覧してみると、データが表示される様になりますので、お試しください。

Clarityのデータが表示されていない画像

まとめ

この記事ではMicrosoft Clarityの導入ステップをご紹介致しました。

2022年2月時点では英語表記しかございませんが、とても簡単にセットアップできますので、是非、設定してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。